Bloggerに戻ることに

WordPressをラズパイで運用し始めて、電気代の心配もあまりないし、やれやれと思っていたのだが。やっぱりラズパイ(特にZERO)でWordPressを動かすのは重い。重いくせに、私はたくさんあるWordPressの機能を全く使ってないもったいなさ。文字と写真を入力しているだけだ。これなら、外のブログサービスを使った方が良い。しかし広告が入るのは嫌だ。ラズパイの電気代以上の使用料を払うのも嫌だ。すると5年前まで使っていたBloggerしか選択肢がない。ここはGoogleに買われたので倒産することはなさそうだし。5月からの書き込みはBlogger(ココ)にすることにした。

あ~、ラズパイ使い道がなくなったなあ。ZERO Wは1台1300円だったとは言え、無駄遣いだった。

広告

mariadb(mysql)を他のマシンからアクセスする

動作が遅くなるかもしれないが,wordpressの本体が動くマシンとmariaDBのマシンを分けてみた.デフォルトではmariaDBはlocalhostからしかアクセスできないので,/etc/mysql/mariadb.conf.d/50-server.cnfを編集して

bind-address = 127.0.0.1

bind-address = 0.0.0.0

に変える.次にmariadbにログインして

mysql -u root -p

mysql> grant all privileges on wpDB名.* to wpuser名@”%” identified by ‘パスワード’ with grant option;

これで他のホストからmariaDBが使えるようになる.

と,やってみたもののwordpressとmariaDBを同じマシンに置いていたときより,かなり遅くなった.wordpressとmariaDB間の通信がボトルネックとなっているようだ.

過去記事異常 archives not found

wordpressの過去記事が表示されないことに気づいた。こんなことは初めてだ。wordpressにバグがあるとは思えないので、ほかの何かが悪さをしてるっぽい。

調べたら,apache2.4の設定が足りないためだった.まずrewriteモジュールを有効にしないといけない.

a2enmod rewrite

次に.htaccessの効力がwordpressディレクトリにも伝わるようにapaceh2.conf(httpd.conf)を編集.

<Directory "/var/www/html"> 
    #AllowOverride None
    # ↓
    AllowOverride All
</Directory>

実はパーマリンク設定がデフォルトだとこの問題は出ない.パーマリンク設定をデフォルトから変えると,.htaccessの記述により書き換えてアクセスするようになる.書き換えにrewriteモジュールが使われる.

wordpressバックアップはUpdraftPlus Backup

ラズパイのwordpressバックアップは結局、使い慣れているUpdraftPlusを採用。バックアップ先はLAN内のFTPサーバー。FTPサーバーはHinote Ultra。HDDを搭載しているし、下手なNASより消費電力が低い。外のクラウドの方が維持費が安い気もするが、しばらくこれで運用しよう。

ラズパイでwordpress運用開始

ラズパイにapacheとphpとmariaDBが入ったのでwordpressをインストール。そしてpoundの飛び先をラズパイに指定して運用開始。ARM11 1GHzはPentiumM 1GHzに比べると非力なはずだが、SDメモリカードのアクセスが速いせいか、レスポンスは同じくらい。今後はDBのバックアップ方法が課題として残っている。

wordpressの添付ファイルダウンロードでは画像はダウンロードされない

wordpressの記事をエクスポートして、それを別のサイトのwordpressにインポートすると記事中の画像は元サイトの画像へのリンクとしてインポートされる。元サイトが何かの理由で消失すると(それは実際に起こった)、画像ファイルを失ってしまう。かなり困る。

インポートするインターフェースを良く見ると、添付ファイルをダウンロードするというチェックボックスがあった。これまではこれをチェックしていなかった。これをチェックすれば画像はリンクではなくファイルとしてインポートされるのではと期待してチェックした。しかし、インポートした記事の画像はやはり元サイトへのリンクだった。ダメだ。画像をコピーするためにはデータベースのバックアップをとるしかないようだ。しかし、データベースのバックアップでは、リストアするとサイトのURLまでバックアップ元と同じになってしまう。別のURLのwordpressサイトにリストアするとそのwordpressは動かなくなる。上手い画像バックアップの方法はないものか。

バックアップはBackWPupよりもUpdraftPlusの方が使いやすい

WordPressのバックアップを取ろうと思い,最初はBackWPupプラグインを入れた.でも,なんだか訳が分からない.他にもっと良い解がないかと探したらUpdraftPlusを見つけた.こちらの方が断然使いやすい.google driveにもバックアップを保存できる.こちらに決めた.

問題は同じサーバーにリストアできるかどうか(それは当たり前)ではなく,サーバーが死んだ場合に別の新たなサーバーにリストアできるかどうかだ.UpdraftPlusを使えば,バックアップファイルをアップロードして,そこからリストアができる.