Neural Network Console分かりやすい!

SONYのNeural Network Consoleで添付されていたプロジェクトsemi_supervised_learning_VATを動かした.VATというのはVirtual Adversarial Trainingのことだ.VATは説明を読んでも良く分からなかったが,ConsoleのEDITタブで計算グラフを見たら分かった.なんと分かりやすい.すごいよSONY.

広告

Core2Quadが役立った

SONYのNeural Network Consoleを動かすのにWindows10かWindows8.1が必要だが,職場にWindows8以上のマシンは1台しかない.Core2Quad 2.4GHz,メモリ4GBの古いマシンだ.i7を積んだハイスペックマシンはlinuxかWindows7で動いている.このマシンではメモリが足りないかなと思ったがにNeural Network Consoleをインストールしてみた.試してみるとメモリ不足を訴えることもなく動きだした.テンプレートとして入っていたニューラルネットワークは何とか耐えられるスピードで動いた(学習).MNISTの文字認識だからそんなに重くはない.Core2Quadのマシンが今になって役立つとは思わなかった.

Neural Network Console

SONYがまた面白いものを開発した.アプリなのでWindows8.1かWindows10が必要だ.Windows10が初めて役に立つかも.これまではWindows7の亜種としての意味しかなかった.そのWindows7もWindows2000の亜種でしかなかったが.

Consoleがあればライブラリを使ってpythonで記述する必要はないように思う.ライブラリもなかなか良くできていて,これさえあればChainerやTensorFlowなんて要らないと思う.

Windows10のインストールが途中で止まる

ONKYOのTW217A5にWindows10を入れようとした.2回やったが,2回とも途中でフリーズした.ネットで検索したら,ココのような対策があった.なるほど.インストールに半日かかるので途中で止まられるのは厳しいよ.

追記:USBメモリからインストールしている場合,途中の再起動のときにUSBメモリを抜いてしまうのが吉.

Windows8でディスクアクセスが続く

Windows8.1が走っているPCでは,起動してからシャットダウンするまでずっとディスクアクセスが続く.おかしいなと思って,ネットで調べると他の人も同じ悩みをかかえていた.解決するには,

  1. ネットワークのipv6のチェックを外す
  2. コントロールパネルでホームグループへの参加を終了する

を実行すれば良い.

デュアルXEON 3.2GHz稼働開始

近頃めっきり寒くなってきた.部屋を温めたいので,夏の間使っていたCore 2 DuoのマシンからデュアルXEON 3.2GHzのマシンに常用マシンを変えた.TDPは約100W×2だ.多少部屋は暖かくなるだろう.OSがWindows8ってのがなんなんだが.

Windows10ではほとんどのアプリが動くんだが

Windows10に上げて感心したのはほとんどのアプリがそのまま動いたことだ.再インストールも要らなかった.これは結構すごいことだと思う.大したものだ.

動かなかったのは昨日書いたけどMetaTrader4だ.あとJFXの.NET版Matrix Traderは最初動いていたんだが,途中で調子がおかしくなって再インストールしようとしたらできなかった.Java版は動くので致命的な問題ではない.ほぼ同じつくりと思われるlion FXが動いているので,そのうちMatrix Traderも改善されると思う.