Thinkpad R31をSSD化

知り合いがThinkpad R31を粗大ゴミとして捨てるというので、「お金を払って捨てるくらいならくれ」と貰ってきた。起動するとWindows XPが立ち上がろうとするが、途中でブルースクリーンになって止まる。回復コンソールでも同じ。おそらくwindows updateでシステムファイルが壊れたのだろう。言うなれば「ビル・ゲイツに壊された」。

OSを再インストールすれば直ると思ったが、せっかく再インストールするなら、ちょっといじりたい。R31はネジ一本外すだけでHDDが取り出せるので、SSD化することにした。SSDはいつも使っているBuffaloのSHD-NH128PU2だ。HDDを外して代わりにSSDを取り付けるだけ。作業は3分もかからずに終わった。

OSはWindowsとlinuxのデュアルブートにしたいので、まずWindows7を入れて、それからubuntu10.04LTSを入れ、それをアップグレードしてubuntu12.04LTSにした。R31はpentium3 1.13GHzなので、いきなり12.04LTSはインストールできないのだ。

どこも壊れていなかったThinkpad R31はWindows7/ubuntu12.04LTSマシンとして蘇った。メモリは1GBも積んであったので性能的にはまったく問題はない。

広告

Thinkpad X30をSSD化

Thinkpad X30は最後の日本製Thinkpadだ。底面にMade in Japanと書いてある。後継機種のThinkpad X31はMade in Chinaになってしまった。なので、X30は大事に使って行きたい。
X30を最新鋭マシンと遜色のない性能にするため、SSD化した。いまどきパラレルATAのSSDなんて手に入るのかと心配したが、ちゃんと売っていた。BuffaloのSHD-NHPU2だ。X30にはポン付けで簡単に取り付けられる。OSは最近お気に入りのWindows7を入れた。
Windowsエクスペリエンスインデックスは
プロセッサ 1.8
メモリ   1.8
グラフィックス 1.0
ゲーム用グラフィックス 1.0
プライマリハードディスク 6.2
となった。ディスクI/Oだけが飛びぬけて速い。そして、これがありがたい。サクサク動く。重いはずのOffice2010を起動してもすっと立ち上がる。これでThinkpad X30も完全に現役復帰だ。
エクスペリエンス
英語キーボード