VAIO遅い(Windows遅い)

VAIOを9台持っているのは以前書いたが、GigaPocketでTV番組を録画している6台はOS(Windows2000×1、WindowsXP×5)は変えられない。変えると録画した番組が見られなくなる。また、VAIO TV with nasneでTV番組を視聴する3台はWindows10までアップグレードできたが、Windows以外のOSに変えることはできない。たまに録画した番組を見るためにVAIOを起動するのだが、Windows10機では例の起動直後のHDDゴロゴロに必ず遭遇してまともなレスポンスで使えるようになるまで10分以上かかる。職場にあるWindows7マシンはHDDゴロゴロが1時間くらい続くので、それよりはマシだが、VAIOはi7 2.9GHzを積んでいるのに、Pentium3 1.2GHzのマシン(debian stretch 9.3)よりレスポンスが悪いとはどういうことなんだ。Pentium3機は起動直後からサクサク使えるというのに。マイクロソフトにスティーブ・ジョブズの魂を持ったヒーローが突然入社して、Windowsの腐った部分を全部取っ払った新しいWindows OSを作ってくれないかな。

動画配信サービス恐るべし

アマゾンプライム会員になったのでPrime Videoが見放題になった。この手のサービスはNetflixとかHuluとか名前はいろいろ知っていたが、お金がかかるので加入していなかった。それで正解だったのが良く分かった。Prime Videoのメニューを見ると見たい動画がたくさんある。どう考えても見る時間が足りない。これでは動画漬け(テレビ漬け)の生活になってしまう。よくないなあ。実は9台のSONY VAIOで録り貯めたテレビ録画も未だ1/10も見ていない。ずっと前に計算したのだが、1日に2時間見られるとしても、100歳まで生きても全部見られないくらい録り貯めてしまった。そのとき、全部見るのを諦めてしまったのだ。VAIOのHDD以外にもVHSのテープが1000本ほど、ベータマックスのテープが2000本ほどある。いったい何のために録画してしまったのか。今考えるとすごく無駄なことをしてしまったと後悔している。Prime Videoはその無駄にさらに輪をかけてしまった。困ったなあ。

0SIM(ニューロモバイル)がつぶれない謎

MVNOには未来はないと以前書いたが、MVNOの中でも特に評判が悪いのが楽天モバイルと0SIM(ニューロモバイル)。楽天モバイルは母体が大きいのでつぶれなさそうだが、ニューロモバイルは儲かっているとは思えないのになかなか廃業しない。MNOから回線を借りるのはタダではないのに、いったいどうやって事業継続の資金を捻出しているのか。謎だ。もし、ここから会社が立ち直ったら(そんなことは万に一つもないと思うが)、その経営手法はぜひ参考にしたい。

VAIO怪しい通信を続ける

以前異常な通信をしているのがVAIOだと分かってから、そのVAIOの電源をONすることはなかったが、今日nasneの番組表が見たくなってそのVAIOの電源を入れた。電源を入れるとすぐにネットワークが遅くなった。何もしていないのにルーターのアクセスランプは高速に点滅している。スピードテストをすると普段は90Mbps出ているのが1.3Mbpsまで下げている。症状は以前と全く同じだ。タスクマネージャーでは何も通信していないように見える。CPUの負荷も0%。NICのハードウエアレベルで何か通信しているのか。中国製のPCならこんなこともある(中国政府の陰謀)かもしれないと思うが、SONY VAIOだ。VPCZ21AJでプレインストールのWindows7。ほとんどいじっていない。ウイルススキャンしても何も出ない。いったい何が起こっているのか。NICのチップはRealtekだ。もしかしてこのチップが中国製?

SO-01B痛めてしまった

発売日に買って7年半使っているSONY SO-01B Xperiaを半分壊してしまった.原因は鞄の中に入れて長時間使い続けたから.発生する熱を放熱できなくて高温の状態に長い間おいてしまった.もう1年以上も.最初は1日に1回,高温になったときにフリーズしたり,再起動したりしていた.その頻度がだんだん増えてきて,今は鞄に入れて1時間もすると再起動するようになった.中の半導体が痛んでしまったようだ.しまったなあ,ずっと手に持って使っていたならまだ元気に動いていただろうに.鞄の中へ入れるのじゃなかった.ストラップホールが付いているので,ストラップをつけて鞄の外にぶら下げるのでも良かった.

SO-01Bはヤフオクで買った予備機があと2台ある.それらは鞄の外で使うようにしよう.

ストラップをつけて鞄に入れるのを止めたSO-01Bはフリーズすることがなくなった.このまま使おう.今は寒いのが功を奏しているか.夏になったらピンチかもしれない.

ankerの充電器の充電が早い

アマゾンで買ったankerのQC3.0対応充電器(今は後継品が出て廃番になっている)でXperia SO-01Bを充電すると、純正の5V 0.7Aの充電器に比べて充電が早い。SO-01BはQCには対応してないはずだけど不思議だなとウィキペディアでQCXperiaを調べたが、やはり対応してなかった。ankerの充電器だと単に電流が多く流せるのが理由かな?

アマゾンで後継品の充電器の写真を見ていて気付いたのだけど、後継品は従前のものとAC 100Vの差し込みの角度が90度変わっている。私の差し込みたいテーブルタップには差し込めない。従前のものを買っておいて良かった。スペックは後継品の方が良いのだけれどね。

ネスカフェ・コネクト

以前、老人向けの安い見守りサービスはないかと探していたが、ネスレが月額500円の格安サービスを提案していた。象印の見守りポットは月額3000円だった。ただし、ネスレはちゃんと儲かるようになっていて、バリスタで珈琲を入れると、バカ高い豆を買わねばならない。豆をどれくらい使ったかはネットワーク越しに分かるので、なくなったら問答無用で送りつけてくる。このシステム「ネスカフェ・コネクト」を考えた奴はなかなかの知恵者だ。ランニングコストは高いが、老人が珈琲好きであれば加入しようという気になる。ちなみにタブレットはXperiaだ。悪くない。

atomの足跡

手持ちのatom搭載端末についてまとめてみた.

Z530 Menlow 45nm 1.6GHz 2.2W ONKYO TW217 2008年
Z540 Menlow 45nm 1.86GHz 2.64W SONY VGN-P90NS 2008年
Z670 Ork Trail 45nm 1.5GHz 3.0W HP slate2 2011年
Z3580 Moorefield 22nm 2.33GHz 不明 ASUS Zenfone2 2014年

今は名称はatomではなくpentiumとかceleronなんだが将来続くのかな?

Neural Network Console分かりやすい!

SONYのNeural Network Consoleで添付されていたプロジェクトsemi_supervised_learning_VATを動かした.VATというのはVirtual Adversarial Trainingのことだ.VATは説明を読んでも良く分からなかったが,ConsoleのEDITタブで計算グラフを見たら分かった.なんと分かりやすい.すごいよSONY.

microSD → メモリースティック Pro Duo 変換アダプタをHDカムで使う

SONYのHDカムをもらった.SONYのHDカムはDVテープを使う方式のものを持っていた.もらったHDカムはテープではなくメモリーカードに記録するタイプだった.最近ではDVテープよりメモリーカードの方が良いよなと思ったのはそのときだけ.なんと,メモリーカードはSONY謹製メモリスティックProだったのだ.おいおい,そんなのもう家電量販店では売ってないよ.まだDVテープの方が入手性が良い.困ったなと思ったときのamazon頼みだ.amazonで探すとmicroSDカードをメモリースティックProに変換するアダプタを見つけた.SONY純正品を探したけど,そんなものはなく,ノーブランド品が送料込みで99円.また出たよ.送料込み99円.大丈夫かと思いながらも他に選択肢がないので注文した.4日後にゆうメールで届いたアダプターに32GBのmicroSD (class10)を突っ込んでHDカムに刺してみた.HDカムに「このメモリカードでは正しく動作しない可能性があります」というメッセージが表示された.やはりそうか.しかし,運が良ければと思い,最高画質XPモードで録画してみた.転送速度さえ追いつけば録画できるはずだ.しばらく録画して,それを再生してみると,ノイズも途切れもなく再生された.良かった.これは使える.この99円の変換アダプターが入手できるときに買っておいた方がよかろうと,もう1個注文した.