OCN Mobile ONEを契約した

カシモの縛り期間はまだ半年あるのだが、OCN Mobile ONEを契約した。OCNだけがもつプラン「日毎に高速通信分がリセットされる」が圧倒的に使いやすいので、他社の追従を許さない優位性がある。カシモをはじめ、OCN以外のMVNOでは高速通信分をまず使ってしまう(高速通信をON/OFFできて使用を制御できるMVNOも一部にはある)。月初めに高速通信分3GBがあったとする。Androidスマートフォンは裏で知らないうちに通信をしているので、月初めから高速通信分をどんどん消費してしまう。毎月10日頃になると高速通信分3GBを使い切って、それ以降は月末まで200kbpsの低速通信しかできなくなる。これでは月半ば以降は使い物にならない。それに対してOCNは毎日110MBが高速通信になる。110MBを超えた分は200kbpsの低速通信になる。これなら月末まで高速通信の恩恵を受けることができる。ナイスアイディアだ。高速通信をON/OFFできるアプリも用意されていて、メールやSNSなど低速通信で十分なときに高速通信量を消費しないように制御することもできる。OCNの中の人はすばらしく賢い。とてもNTTだとは思えないよ。

0SIM(ニューロモバイル)がつぶれない謎

MVNOには未来はないと以前書いたが、MVNOの中でも特に評判が悪いのが楽天モバイルと0SIM(ニューロモバイル)。楽天モバイルは母体が大きいのでつぶれなさそうだが、ニューロモバイルは儲かっているとは思えないのになかなか廃業しない。MNOから回線を借りるのはタダではないのに、いったいどうやって事業継続の資金を捻出しているのか。謎だ。もし、ここから会社が立ち直ったら(そんなことは万に一つもないと思うが)、その経営手法はぜひ参考にしたい。

エキサイトモバイルを契約

カシモの後継MVNOとしてエキサイトモバイルを狙っていた。キャンペーンで安くなるのを待っていて、そのまま忘れていた。今日思い出してエキサイトモバイルのページに行くと、ちょうど7000円キャッシュバックキャンペーンをやっていた。1月9日まで。そこで従量プランである「最適料金プラン」を申し込んだ。カシモは縛りが解けたら解約だ。今までありがとう。しかし、ちょっと高かったね。

MVNOのテザリング接続でも地震警報来た

今日の11時2分に茨城県沖でマグニチュード4.4の地震が起きた.その直後にドコモのガラケーと3台のiPhone5が警報音を発して画面には地震に注意と出た.ドコモのガラケーは以前から緊急警報を受けていたが,iPhone5でこれが出るのは初めて.iPhone5にはSIMは刺しておらず,カシモのSIMを刺したモバイルルーターにWiFiで接続している.これはもしかして,@icloud.com宛のメールによって緊急警報を伝えているのかな?そうでないとWiFi接続のiPhone全部に届くなんて不思議だ.

警報が来たとき,揺れたら机の下にもぐろうと身構えたが,大きな揺れはなかった.不思議だなと思っていたら,12時のニュースでその理由が分かった.ほぼ同じ時刻に石川県でもマグニチュード3.9の地震が起きたそうだ.二つの地域の揺れを入力されたコンピュータは,ひとつの大きな地震だと勘違いして警報を出したのだそうな.逆なら困るけど,こんな間違いなら仕方ないね.

MVNO終わりの始まり

半年前にMVNOはみんな破綻するのではないかと書いたが,どうやらその予感が的中しそうだ.FREETELの元運営会社が経営破綻した.通信事業部分は楽天に譲渡した後のことなのでMVNOが破綻したとはダイレクトには言えないが,もともとMVNO事業も含めて経営は苦しかった.

MVNOは集客しなければ収益は増えない.しかし客が増えると通信帯域を広げないといけない.それにはお金がかかる.お金が足りないからと通信帯域を広げる努力を怠ると,とたんに客は離れていく.これでは永遠に儲からない.なんとか定常的に利益を上げるためには,すごくたくさんのユーザーを集めるとなんとかなるかもしれない.薄利多売というやつだ.それなのにMVNO業者はいくつも存在してパイを奪い合っている.これでは儲からないよ.

ドコモやAUなどのMNO事業者は少しずつ値下げしている.そのためMVNOを選ぶ理由がどんどん減っている.MNOはいずれ5Gの恩恵を受けるようになると思うが,そんな時代になってもMVNOは数百kbpsの通信でサービスせざるを得ない.これではかわいそうだが未来はない.

MVNOでアプリのアップデート

10月の高速通信分1GBは使い切ったのにアプリのアップデートが9件もやってきた.出先だけどポケモンGOだけはアップデートしておきたいな.低速のMVNOでできるだろうか.

30分くらいかかったけど出来た.さすがカシモ.220Mバイトを30分だから220×1024×8/(30×60)=1001で1001kbps≒1Mbpsだ.どうやら高速通信分が残っていたようだ.

Androidは無駄な通信をしている

モバイルルーターにカシモのSIMを刺してWiFiでZenfone2(android 5.0)をぶらさげて使っている.ときどき通信がひっかかって使い辛い.Zenfone2のCPUはAtom Z3580 2.33GHzで高性能なんだけど.通信が足を引っ張っているな.カシモのSIMを直接Zenfone2に刺しても同じように通信がひっかかる.ところがモバイルルーターに同じカシモのSIMを刺してWiFiでiPhone5S(iOS11)を1台とiPhone5(iOS10)を2台の合計3台ぶらさげて使うときは3台ともサクサク動く.ストレスフリーだ.如何にandroid OSが無駄な通信をしているか,逆に言うとiOSが最小限の通信で済ませているかの証明だね.MVNOを使うときはiOSに限るね.

続きを読む