Google TPU2が今のところ最高性能

Interface誌の2018年2月号に,世界のAIチップの比較表が載っていた.GoogleのチップTPU2は性能の絶対値でも,性能消費電力比でもトップだった.すごいなGoogle.TPU2を超えたいものだが,FPGAでは無理そうな感じだ.リコンフィギャラブルな点を生かした特長がないとFPGAの立ち位置がないなあ.

同じ2月号の27ページに胸のすくようなインテルの発言が書いてあった.引用記事はもうなくなったみたいなので,そのまま書き写しておく.


GPUにはマシンラーニングに必要のない電気回路が数多く存在する.長年にわたって蓄積された価値のない回路で,非常に数が多い.

ニューラルネットワークは非常にシンプルで,ちょっとした行列の乗算と非線形性で成り立っている.直接シリコンを構築して行うことも可能なのだ.ニューラルネットワークのアーキテクチャに非常に忠実なシリコンを構築すればいい.これはGPUにはできないことだ.


もっと言ってやれと応援したくなるが,こうなると私の敵はnVidiaではなくてインテルになるのかもしれない.nVidia相手なら私でも勝てると踏んでいたが,インテル相手だと勝ち目がないような気がする.インテルってアルテラも買収しちゃったからね.

広告

ASICが勢いを盛り返すだって?

静岡大の渡邊准教授が面白いことを書いていた.「ASICに比べて数世代先のプロセスが利用できる利点がFPGAからなくなれば,途端に従来のASIC市場が勢いを盛り返し,FPGA市場はある程度の縮小を余儀なくされる.」と.正論だ.FPGA技術者は常に危機感を感じながら研究開発せねばなるまい.

リアルタイムAIにはFPGA,MSが深層学習アクセラレーター

Starix10を使っているんだって.

FPGAを使うんならリコンフィギャラブル性能を生かさなきゃだめだよ.まだまだだね.

MSはソフトを作るのはへたくそだけど,ハード(マウスとか)作るのはけっこううまいんだよね.もうソフトウェアを作るのは止めてハード専業になればみんな幸せになれるのに.

ARMの元は6502

ZYNQを使い始めた関係でARMを無視できなくなった.マイコンなんてどれも同じだろうと思っているが,ARMのなんたるかを知りたくてインターフェース誌のバックナンバーを読んだ.2012年2月号に分かりやすい記事が載っていた.ARMは6502に代わるプロセッサが欲しくて68000や80286を検討したが,それらが6502より遅いのに失望して,それじゃあ自分で作ってやろうと作った32ビットRISCプロセッサだった.検討を始めたのが1983年.ARM1が出来たのが1985年だ.私も6502/6800/6809/Z80から8086/80286へ移行するとき,このプロセッサ(8086/80286)は腐っている,こんなのは使えないと思ったクチだ.だけど68000は素晴らしいと思った.私と違ってARMを作った人は68000は遅くてダメだと思ったらしい.人の感じ方はいろいろだね.

ラズパイ2(3?)もらう

CQ出版社から小さな荷物が届いた。何かに当選したようだ。中身はラズベリーパイだった。ボードは2なんだがSOCを2836からラズパイ3と同じ2837に張り替えてあるカスタム品だ。これはうれしい。何か作って遊ぼう。

それとは別にZYNQ7000用のSDSoCのノードロックライセンスももらったんだよね。これも遊べるなあ。時間がいくらあっても足りない。