古いDTIのSIMは今はTONEモバイルだった

2013年からDTIの500円SIMを使っていたのだけれど,最近遅くなったので8月いっぱいで解約することにした.解約はwebからワンクリックでできる.解約して気付いたのだけど,昔のDTI500円サービス提供者はDTIからTONEモバイルに移管されていた.つまり遅かったのはTONEモバイルだった.最近のDTIのサービスは速いと評判なのに,私の使っているDTIは遅いのでおかしいと思っていたのだが,こういう訳だったのだ.さらに調べてみると昔のDTIのAPN設定と,今のTONEモバイルのそれは全く同じだった.

将来はTONEモバイルに移行するつもりでいたが,ちょっと待ってみようと思う.本当にTONEモバイルが速いのか疑問になってきたからだ.

MVNOの通信は混むと切れるのか

DTIのSIMでテザリングをしている.MATRIX TRADERでチャートを24時間表示している.日に数回接続が切れることがある.ランダムに切れているのだろうと思っていたが,どうやらそうではないようだ.昼休みの時間に切れることが多い.昼休みと言えばスマホで通信する人が増える時間帯だ.なるほど,混雑すると通信が切れるのか.費用が安いのだから我慢するけど,もう少しねばってほしい.チャートの表示なんて高々10kbpsなのだ.

DTI SIMの使い道

今のDTI SIMの使い道だが,テザリングでPCを繋いでPCに為替のチャートを表示している.1分足だ.これがちょうど良いというか,これ以上のトラフィックを流そうとする(たとえば取り引き画面で取り引きする)とひっかかるようになる.正味10kbpsくらいがDTI SIMの実力に思える.スピードテストをすると200kbpsは出るのだが,これはあまり信用できない.

チャートは24時間表示しているので,DTIの定額500円というのはありがたい.0SIMでもたぶんゼロ円に収まると思うが,500MBを超過したときにもったいない気になる.

DTI障害発生

DTI(Dream Train Internet)が使えなくなった.PCでサイトに行くと障害発生中と表示されていた.為替レートをスマートフォンでチェックするので,通信障害は困るのだが...まあ,2年使っていて障害はこれで2回目なので,許容範囲内か.

DTI 150kbpsに増速予定だが

490円SIMで有名なDTI.私と同じDTIを使っている人とDTI推奨IPフォンソフトSmartalkで話す機会があった.残念ながらノイズだらけでまともに話ができなかった.やっぱ100kbpsだとこんなものか.もうすぐ無料で150kbpsに増速される予定だが,IPフォン同士で問題なく話ができるようになって欲しい.gmailやLINEのトークには100kbpsでも何ら問題ないんだけどね.

DTI ServersMan SIM 3G 100でXperia復活

2010年4月に発売されたXperiaを発売日に買い,1年使ったが月額5000円に見合うメリットを感じなかったので解約し,普通の携帯電話に戻した.ずっとしまい込まれていたXperiaを2013年5月から再び使い始めた.ServersMan SIM 3G 100を契約したからだ.100kbpsの通信が使い放題で月額490円.これなら十二分に元が取れる.

Twitterやgmailなどのテキスト通信はストレスがない.私が最も利用する株の取引や,外国為替の取引,チャートの閲覧,レートの閲覧も問題ない.電車の中の空き時間にニュースを読むのも問題ない.GPSで自位置を地図に表示しながら移動するのは歩行時は問題ない.バスだと地図のダウンロードがぎりぎり間に合う.車で高速道路を走ると地図のダウンロードが追いつかなくなるが.

IPフォンでは050サービスのIP Smartを契約し(月額0円),アプリは3CXPhoneを使えば全く問題ない音質で通話できる.この組み合わせはお勧めだ.Skypeは帯域的にもCPU的にも厳しいようで音質がかなり劣化する.

データ通信に特化した格安SIMは他社からもいくつも販売されている.スマートフォンを安く使うなら,これらの格安SIMを契約して,通話は別のフィーチャーフォン(ガラケー)で行うとお得だ.