LCCのバニラは赤字でピーチは黒字

来年LCCのバニラとピーチが合併するというか、バニラがピーチに併合される。どちらもANAの資本下の会社だ。バニラはずっと赤字で、2016年だけちょっと黒字になったけど、2017年はまた赤字。ピーチは初年度だけ赤字で、2年め以降はずっと黒字。機材はA320で両社とも同じ。運航路線で収益が違うのか。それとも東京の商売人と大阪の商人の差が出たのか。最後の理由がいちばんありそうな気がする。

wikipediaを見てみたら、ピーチの自動チェックイン機は段ボールとスポンジでできているとあった。すごいコストダウンだ。修理もガムテープでできる。これなら黒字になるはずだ。

広告

舘山寺温泉オルゴールミュージーアム

舘山寺温泉では観光もした.パルパル遊園地の隣からロープウェイに乗った.浜名湖を渡るロープウェイからの眺めはとても良かった.

ロープウェイを降りたところにオルゴールミュージーアムがある.入館する前は,手のひらに乗るようなきれいなオルゴールがたくさん並べてあるのかなくらいに思っていたが,全然違った.どれも大きい.ドレッサーくらいの大きさが標準で,タンスくらいのもの,2トントラックくらいのものまであった.2トントラックサイズのものはパイプオルガンが内蔵されていて,びっくりする大音量で音楽を奏でる.これは移動式でイベント会場などで鳴らす目的で作られた.電気があるときは電動ポンプで空気を送り,電気のない場所では男性4人でハンドルを回して空気を送るのだそうだ.

感動したのは1910年台の自動演奏ピアノ.紙テープに鍵盤の動きが記録されていて,それに従ってハンマーがピアノの弦を叩く.音はピアノそのものから出るので正真正銘の原音再生だ.この紙テープは究極のハイレゾ音源と言えよう.紙テープは録音専用のピアノで作成する.演奏者が鍵盤を叩くシーケンスがそのまま紙テープに記録される.今回聴いたのはラフマニノフの演奏だった.亡くなったピアニストの演奏が生で聴けるなんて素晴らしい技術だ.それに100年以上前の機械を動く状態で保存しているなんて大したものだと思う.きっと優秀なエンジニアがメンテしているのだろう.

舘山寺温泉

親を連れて舘山寺温泉へ向かう。台湾へ行く方が飛行機代を入れてもよほど安いのだが、すぐにあの世に行きそうな年寄りを3時間も飛行機に乗せるのはどうかと思うので、国内旅行。舘山寺温泉は、行くと決めるまで存在を知らなかった。浜松から車で1時間もかかるところにある。近くにはロープウェイもある。このロープウェイは、地図で見ると重要な交通の手段となっていることが分かる。このロープウェイがなかったら目の前の場所に行くのに何十倍もの時間がかかってしまう。天気は良さそうなのでロープウェイに乗るのが楽しみだ。食事もおいしいらしい。浜名湖と言えば、うなぎしか知らなかったが、浜松は宇都宮に次いで餃子が有名な街なのだとか。食べてみよう。

台湾にマナーの悪い中国人がいない理由

台湾に行って不思議だったのが、マナーの悪い大陸の中国人を見かけないこと。言葉が通じるのだから、もっと旅行に来ても不思議ではないのに、なぜだろうと思っていた。今日のインフォシークのニュースに答が載っていた。以下抜粋。


中国は、台湾に対して気に食わないことがあると、中国人観光客を台湾に行かせないようにして、台湾の観光業に打撃を与えようとするのが常套手段です。しかし、中国人観光客が減ったことにより、その他の諸外国からの観光客が台湾に来るようになりました。

もちろん、台湾人としてもマナーの悪い中国人よりも、その他の国からの客のほうが有り難いため、災い転じて福となった感じです。たとえ欧米や日本などからの観光客が、中国人のような爆買をしなくても、宿泊や買い物をすることで経済効果はあるし、それ以上にマナーがいいので大歓迎です。

雙城美食街と晴光市場

ホテルから歩いていけるところに雙城美食街がある。地元の人が食べに行くところだ。これは行かねばなるまい。美食街の隣には晴光市場もある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず回転焼きを買った。あんことカスタード。ひとつ12元。紙袋が妙にかわいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は便當。みんな並んでいる。注文を受けてから作ってくれるので、注文後は列の横で待つ。この便當がべらぼうに安くて85元。持つとずっしり重い。近所の大学の生徒も来ていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店先の小さなテーブルで食べるとスープがサービスに付く。持ち帰りもできる。温かいうちに食べるのがよい。とてもおいしい。85元とは思えない。また来よう。

ここは夜になると夜市になり、さらにお店が増える。リピーターになりそうだ。

迪化街

台北犁記の後は,紅棗夾核桃を探しにでかけた.紅棗夾核桃とは干し赤棗にクルミをはさんだお菓子だ.ドライフルーツ系なら迪化街(ディーホアジエ)にあるだろうと,迪化街を目指した.松江南京駅からMRT中和新蘆線に乗って大橋頭駅で下車.誰も通っていない地下通路で東へ進む.地上へ出ると敷石に行き先表示板が埋めてあった.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

迪化街を南下して進んだが,なかなか紅棗夾核桃はみつからない.下の写真は迪化街の乾物屋さん。ここにはない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中で大稻埕公園方向へ左折して進んだところにお菓子屋があった.そこの店先に紅棗夾核桃があった.値段は書いてなかったが,店員の若者に聞いたら指で2○○と示してくれた.200元払って紅棗夾核桃を手に入れた.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのまま西進すると龍月堂糕餅鋪というパン屋があった.この店名はガイドブックで見たことがある.おいしそうなパンがたくさん売っていた.20元から30元.ここで台湾ならではの葱パンを25元で買った.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南下して民生西路に出て雙連駅方向へ進む.途中の豆花荘という人気の豆花屋さんで豆花をいただく.豆花自体は普通の味と食感だったが,トッピングが凝っている.私が頼んだのはごま餡入り白玉だ.直径1cmほどの小さい白玉にごま餡が入っている.どうやって餡をいれたのだろうか.おいしかった.おなかがふくれたところで,さらに東へ進む.歩道にはオートバイがいっぱい止めてあるが,どれもスクーターだ.そんな中,YAMAHAのロードスポーツ?があった.SR150と書いてある.SRは400と500しか知らなかった.業務用に荷台を広くして丈夫なサイドスタンドをつけてある.かっこいい.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このまま民生西路を西へ進むと,ガイドブックに載っていたパン屋があるはずだが,パンはもう買ってしまったので承德路二段で左折してホテルを目指した.泊まっていた三徳大飯店はその先の承德路三段にあるのだ.ホテルに到着してiPhoneの万歩計を見ると9千5百歩だった.5kmも歩いた.疲れたけど面白かった.

 

キャセイの格安航空券よりJALの正規航空券の方が安かった

今回も含め,台湾へ行くときはキャセイパシフィック航空のディスカウント航空券を買っていた.往復で10万円.よく調べもせずにこれがいちばん安くて快適だと勝手に思っていた.今日何の気なしにJALのホームページに行って,台北往復の航空券料金を検索してみた.そしたら8万2千円+燃油サーチャージ3千円だった.JALは正規航空券なのでいつでも乗れるし,予約を変更しても追加料金はかからない.なんてこったい.これからはJALで行こう.ただし,桃園空港のラウンジはJALよりキャセイの方が綺麗で広くて食事がおいしいとネットの口コミにあった.