シャトーパストゥロー2009を飲む

昨年11月に買ったシャトーパストゥロー2009をやっと開けた。これを温存して(温存するほどのワインじゃないと言う人もいるだろうが)、他のもっと安いのを飲んでいたのだ。2009年はヴィンテージだからね。グラスに注ぐと、心地良い果実の香りがする。これはワイン好きじゃなくても好きになる香りだ。ワクワクして飲んでみたが、あれ?おいしいんだけど、思ったより味わいに深みがない。飲むのが早すぎたかな?デキャンタージュすれば、もっとおいしくなるかな。ちょっといろいろ工夫してみよう。せっかくのワインはおいしく飲まなくちゃ。

広告

トゥルサン シークレット・デュージェニー

妻が正月にすね肉シチューを圧力鍋容量限界いっぱいに作ってくれた。おいしかった。しかし、私の飲みかけの赤ワインを一本丸々投入してしまった。飲もうとしたらビンの底にちょっぴりしかワインが残っていなかった。えええぇー、料理に使うんならもっと安いワインにしてくれれば良かったものを。

代わりに、いなげやで赤ワインを買ってきてくれた。聞いたこともない銘柄だ。フランス産。料理に使ったワインより安いんだけど。まあいいか。

シャトーパストゥロー2009

Chateau Pastureau 2009。2009年はヴィンテージだ。そういうのには弱いのですぐ買ってしまうのであった。まだ飲みかけのがあるので今日はそちらを飲んだ。これを開栓したらまた感想を書こう。

 

ロシェ・マゼ メルロー 2014

昼寝をしていたら、妻が買ってきてくれた。フランスのワイン。昼間っから飲んでみた。メルローの香りがして雑味がなく飲みやすい。これが1000円しないとは安い。妻に聞いたら今日は特売だったとか。もう一本欲しくなって、自分で出かけてもう一本買ってきた。

ロック・デュ・ベル・エール 2014

カベルネとメルローのブレンドワイン。いなげやで買ってきた。
飲んでみると濃い。さすがフルボディ。スパイシーな味で肉料理と合う。おいしいのでワインをたらふく飲んで食べて、気持ち良く酔えた。