Bloggerに戻ることに

WordPressをラズパイで運用し始めて、電気代の心配もあまりないし、やれやれと思っていたのだが。やっぱりラズパイ(特にZERO)でWordPressを動かすのは重い。重いくせに、私はたくさんあるWordPressの機能を全く使ってないもったいなさ。文字と写真を入力しているだけだ。これなら、外のブログサービスを使った方が良い。しかし広告が入るのは嫌だ。ラズパイの電気代以上の使用料を払うのも嫌だ。すると5年前まで使っていたBloggerしか選択肢がない。ここはGoogleに買われたので倒産することはなさそうだし。5月からの書き込みはBlogger(ココ)にすることにした。

あ~、ラズパイ使い道がなくなったなあ。ZERO Wは1台1300円だったとは言え、無駄遣いだった。

広告

mariadb(mysql)を他のマシンからアクセスする

動作が遅くなるかもしれないが,wordpressの本体が動くマシンとmariaDBのマシンを分けてみた.デフォルトではmariaDBはlocalhostからしかアクセスできないので,/etc/mysql/mariadb.conf.d/50-server.cnfを編集して

bind-address = 127.0.0.1

bind-address = 0.0.0.0

に変える.次にmariadbにログインして

mysql -u root -p

mysql> grant all privileges on wpDB名.* to wpuser名@”%” identified by ‘パスワード’ with grant option;

これで他のホストからmariaDBが使えるようになる.

と,やってみたもののwordpressとmariaDBを同じマシンに置いていたときより,かなり遅くなった.wordpressとmariaDB間の通信がボトルネックとなっているようだ.

ラズパイ用に産業用SDメモリーカード購入

秋葉DirectはSDメモリーカードの価格で,いつも価格ドットコムの上位に来ている.ラズパイ用のメモリーカード9枚はここで買った.SanDiskのSDSQUAR-016G-GN6MAだ.私が買ったときは800円前後だったが,今は650円まで値下がりしている.A1仕様&Class10でSanDiskなので800円でも安い.その秋葉DirectでSanDiskの産業用SDメモリーカードが安く売られている.1190円だ.型番はSDSDQAF-016G-I.MLCだ.さすがにSLCではない.以前は産業用メモリーカードは安いものでも5000円くらいしたのでとても手が出なかった.1190円なら安い.ラズパイ用に5枚注文した.使っているSDSQUAR-016G-GN6MAは今のところ問題なく動いているのだが,サーバーとして使っているラズパイのメモリーカードをSDSDQAF-016G-Iに変えようと思う.

ラズパイ用USB NICを買い足す

270円のUSB NICを買い足した。MAC番号が同じなので、ソフトで変えて使った。今回も動いた。もう一度書いておこう。

このアダプターを複数使うときのMAC番号の変え方を見つけた./etc/systemd/network/00-default.linkというファイルを作って(ファイル名はどうでも良いらしいが),

[Match]
MACAddress=00:e0:4c:53:44:58
[Link]
MACAddress=00:e0:4c:53:44:02

と書いておくと,下のMAC番号に書き換わる.

wpa_supplicant.confの暗号化

ラズパイで無線LAN接続をするとパスフレーズが平文でファイルに書き込まれる.そこで,

wpa_passphrase MYSSID passphrase

を実行するとpsk=xxxxxという暗号化したプレシェアードキーが得られる.これをwpa_supplicant.confに書き込んでおくと安心.

AnkerのQC3.0対応充電器はラズパイ3には電流不足

ラズパイ3を使うとき,普段は財団推奨の2.5A電源アダプターを使っている.当然,問題は出ない.この間,それより高価なAnkerのQC3.0対応充電器で動かした.そしたらなんと,画面に電流不足の稲妻マークが出たのだ.ありゃりゃ.QC3.0充電器の仕様を見ると,電流は3A流せる(5V時)ようなのだが,なぜ?Ankerの充電器はすごく信用していたのだが,私が思っているほど高品質ではないのかもしれない.

ラズパイ3で作ったイメージはラズパイZEROで使える

ラズパイZERO(Wが付いてない方)のセットアップをするとき、ネットワーク入出力が付いてないのでファイルのコピーとかソフトのアップデートとかいろいろ面倒だ。そこで、ネットワーク入出力が付いているラズパイ3でセットアップするのが簡単で良い。ラズパイ3のSDメモリ―カードは、そのままラズパイZEROに刺せば動く。ラズパイ3のARMは64bitでラズパイZEROのARMは32bitなので、普通なら動かなさそうだが、raspbianは32bit OSなので大丈夫だ。将来、raspbianがアップデートされて64bit対応になってしまったらこの技は使えなくなる。