google adsenseにドムトローペンが

webページを見ていると広告欄にドムトローペンの写真が出るようになった。私の趣味をgoogleに見抜かれている。MSはドム系が一番好きで、ファーストのときはドムが一番、ゼータになったらリックディアスが一番、0083ではドムトローペンが一番になった。こんな広告ならクリックしたくなるなあ。googleが儲かる訳だよ。

ドム系が好きなのはティーガーIが好きなのと関係しているかもしれない。パンターが好きな人ならたぶんゲルググが好きになるはずだ。

広告

お台場ガンダムを初めて見た

科学未来館の展望食堂でご飯を食べていて,窓の外をふと見たらガンダム1/1フィギュアがあった.興味がなかったので,これまで見に行ったことはなかったのだ.

初めて見た感想は「なんて的がでかいんだ」.T-72みたいな前面投影面積の小さい戦車と戦っていた戦車兵なら「目をつぶっていても当たるぜ」と言うだろうな.やっぱりモビルスーツは地上では使い物にならないことが実感として理解できた.

ここは第二次大戦の亡霊に活躍してもらおう

チャンコロの艦船が日本だけでなく,アジア諸国の領海近辺を我が物顔で走り回っている.ここはひとつ教育してやらねばなるまい.日本の船で撃沈したら国際問題になるから,ここは第二次大戦のドイツ戦車に出てきてもらおう.潜水艦の上部にタイガーII戦車を溶接する.これで,戦車を海上に出したまま航行し,領海侵犯した中国艦船を片っ端から撃沈するのだ.タイガーII戦車の88mm砲は現在の全ての中国海軍の艦船の装甲を貫通する能力を持っている.あの馬鹿みたいに大きい張りぼて空母も例外ではない.ちょせんチャンコロの技術力なんて60年前の戦車にも劣るのだ.
中国の軍艦が反撃してきたらどうするかって.中国の軍艦の艦砲ではタイガーII戦車に当てるのは難しいし,当たったところで,180mmの前面装甲で跳ね返してしまうからなんの問題もない.
海の上での射撃精度を上げるために,90式や10式のFCS(射撃管制システム)をタイガーII戦車にこっそり装備してやるともっと効果的かもね.
tigerII

Zガンダム 第5話 リックディアス 1080トン

アニマックスでZガンダムを放送しているので,全話見直している.今は第5話「父と子と」を見ているが,ティターンズのブリーフィングの映像にクワトロ大尉のリックディアスの資料があった.そこに”LENGTH 18.7M”,”W 1080t”とあった.つまり全長18.7m,自重1080トンだ.一般に出回っている設定の約20倍の重量だ.しかし,これが本来のモビルスーツの重量なのだ.本物のエンジニアなら分かるはずだ.当時のアニメーターにもできる奴がいたってことだ.なんだかうれしい.ずっと馬鹿ばっかり相手にし続けて,けっこう疲れてきていたから.