Bloggerに戻ることに

WordPressをラズパイで運用し始めて、電気代の心配もあまりないし、やれやれと思っていたのだが。やっぱりラズパイ(特にZERO)でWordPressを動かすのは重い。重いくせに、私はたくさんあるWordPressの機能を全く使ってないもったいなさ。文字と写真を入力しているだけだ。これなら、外のブログサービスを使った方が良い。しかし広告が入るのは嫌だ。ラズパイの電気代以上の使用料を払うのも嫌だ。すると5年前まで使っていたBloggerしか選択肢がない。ここはGoogleに買われたので倒産することはなさそうだし。5月からの書き込みはBlogger(ココ)にすることにした。

あ~、ラズパイ使い道がなくなったなあ。ZERO Wは1台1300円だったとは言え、無駄遣いだった。

ラズパイ用に産業用SDメモリーカード購入

秋葉DirectはSDメモリーカードの価格で,いつも価格ドットコムの上位に来ている.ラズパイ用のメモリーカード9枚はここで買った.SanDiskのSDSQUAR-016G-GN6MAだ.私が買ったときは800円前後だったが,今は650円まで値下がりしている.A1仕様&Class10でSanDiskなので800円でも安い.その秋葉DirectでSanDiskの産業用SDメモリーカードが安く売られている.1190円だ.型番はSDSDQAF-016G-I.MLCだ.さすがにSLCではない.以前は産業用メモリーカードは安いものでも5000円くらいしたのでとても手が出なかった.1190円なら安い.ラズパイ用に5枚注文した.使っているSDSQUAR-016G-GN6MAは今のところ問題なく動いているのだが,サーバーとして使っているラズパイのメモリーカードをSDSDQAF-016G-Iに変えようと思う.

ラズパイ用USB NICを買い足す

270円のUSB NICを買い足した。MAC番号が同じなので、ソフトで変えて使った。今回も動いた。もう一度書いておこう。

このアダプターを複数使うときのMAC番号の変え方を見つけた./etc/systemd/network/00-default.linkというファイルを作って(ファイル名はどうでも良いらしいが),

[Match]
MACAddress=00:e0:4c:53:44:58
[Link]
MACAddress=00:e0:4c:53:44:02

と書いておくと,下のMAC番号に書き換わる.

wpa_supplicant.confの暗号化

ラズパイで無線LAN接続をするとパスフレーズが平文でファイルに書き込まれる.そこで,

wpa_passphrase MYSSID passphrase

を実行するとpsk=xxxxxという暗号化したプレシェアードキーが得られる.これをwpa_supplicant.confに書き込んでおくと安心.

AnkerのQC3.0対応充電器はラズパイ3には電流不足

ラズパイ3を使うとき,普段は財団推奨の2.5A電源アダプターを使っている.当然,問題は出ない.この間,それより高価なAnkerのQC3.0対応充電器で動かした.そしたらなんと,画面に電流不足の稲妻マークが出たのだ.ありゃりゃ.QC3.0充電器の仕様を見ると,電流は3A流せる(5V時)ようなのだが,なぜ?Ankerの充電器はすごく信用していたのだが,私が思っているほど高品質ではないのかもしれない.

ラズパイ3で作ったイメージはラズパイZEROで使える

ラズパイZERO(Wが付いてない方)のセットアップをするとき、ネットワーク入出力が付いてないのでファイルのコピーとかソフトのアップデートとかいろいろ面倒だ。そこで、ネットワーク入出力が付いているラズパイ3でセットアップするのが簡単で良い。ラズパイ3のSDメモリ―カードは、そのままラズパイZEROに刺せば動く。ラズパイ3のARMは64bitでラズパイZEROのARMは32bitなので、普通なら動かなさそうだが、raspbianは32bit OSなので大丈夫だ。将来、raspbianがアップデートされて64bit対応になってしまったらこの技は使えなくなる。

ラズパイZEROにUSBハブを付けたら消費電力が2.5W増加

ラズパイZERO(V1.3)をいじっていて、USBキーボードをつなげるために、4ポートのUSBハブをつなげた。すると電流が0.5A増えた。まだキーボードはつなげていない。USBハブだけで0.5A(=2.5W)消費するのだ。USB2.0の供給可能電流は0.5Aと定められている。このハブはつなげるだけで、上限まで電力を消費してしまう。これではセルフパワーのUSB製品しかつなげられない。不良品だな。新しいハブを買ったら捨ててしまおう。

ラズパイ3モデルB+が発売(国内は未)

ラズパイ3B+が発売された.

  • A 1.4GHz 64-bit quad-core ARM Cortex-A53 CPU
  • Dual-band 802.11ac wireless LAN and Bluetooth 4.2
  • Faster Ethernet (Gigabit Ethernet over USB 2.0)
  • Power-over-Ethernet support (with separate PoE HAT)
  • Improved PXE network and USB mass-storage booting
  • Improved thermal management

 

順当な進化だ.値段据え置きというのが良い.ここまで入出力が良くなるとデスクトップとして使いたいくらいだが,ARMが非力というか,XやWaylandが重すぎてGUIはサクサク動かない.やっぱりサーバーや組み込み用途しか使い道はなさそうだ.

アマゾンの業者勝手に返金

ラズパイZEROに使うためにMini HDMIアダプタを注文した。4個で30円くらいだったかな。送料込み。注文時に届くのに半月かかると表示された。別に良いけど。そして半月経って、アマゾンからレビューを書いてくださいとメールが来た。メールのURLをクリックすると「期日までに届きましたか?」という問いが表示されたので、届いてないと答えた。しかし、別に咎めるつもりはなかった。その次の日、業者から返金しますとのメールが届いた。えー、別に金返せとか言ってないのに。いつまでかかっても良いから、品物が欲しかった。30円は本当に返ってくるのかな。この金額では誰も確認する気にならないだろうね。100円ショップで動かない温湿度計を買ったときよりも、ショックは小さかったし。

この話(30円の方)を家族にしたら、ひどく怒って1時間口をきいてくれなかった。82円以下で送料込みの商品を売っている業者は、商品を送る気も返金する気もなくって、私は業者に騙されているだけだと言うのだ。そうかもしれないなあ。もう82円以下の商品を注文するのはやめよう。

ラズパイのOSインストールはddよりNOOBS自己展開の方が速い

Raspbianをインストールするのに,イメージをddでメモリーカードに書き込んだら,NOOBSをラズパイで自己展開するよりはるかに時間がかかった.意外だった.NOOBSを自己展開する速度は画面に3MB/s=24Mbpsと表示される.メモリーカードリーダーはUSB2.0(Max480Mbps)でももっと速いと思っていた.しかし,1MB/sくらいしか出ない.おまけにNOOBSなら4GBを展開するだけだが,ddだとメモリーカード容量全部(16GB)を転送する.ddの方が遅いわけだ.いろんなソフトをいっぱいインストールしたイメージならddを使う意味はあるかもしれないが,ただRaspbianを入れたいだけならNOOBS経由の方が楽だ.