ケンジントン Expert Mouseを再度購入

何年かぶりに(10年ぶりくらいか?)ケンジントンのExpert Mouseを購入した.もう1台,PS2接続のトラックボールが欲しかったためだ.届いた品物をつらつら眺めてみたが,本体は以前のものと全く同じだった.ケーブルの先のプラグの形がすこし変わっていた.さっそく使ってみたが,スクロールリングが重い,重い.今使っているExpert Mouseのスクロールリングの当たりがでるまで2年くらいかかったことを考えると,このスクロールリングも2年くらいは回し続けないと滑らかに回せないようだ.使いこなしにコツがいるが,良いものなので大事に使って行こう.

過熱して火事になりかけたMX700

MX900ばかり褒めたせいか,MX700がすねたようだ.充電クレードルに置きっ放し(これがいけないのだが)のMX700が過熱し,中の単三充電池の安全弁が吹き飛んだ.筐体は手で触れないくらい熱くなっていた.電池の周囲は樹脂カバーが溶けていた.あぶなかった.もう少し気付くのが遅かったら火災になっていたかもしれない.使わない充電マウスは充電クレードルから外しておくのが良いようだ.

電池がすぐになくなるlogicool MX900

logicoolのマウスMX900を買ったのは2004年だったか.その後,色んなマウスやタッチパッドを買ったが,未だにMX900を愛用している.真ん中のボタンを押すと,Windows Vistaや7のフリップ3D画面になるのが気に入っている.戻るボタンや進むボタンも使い良い.とても良いマウスなんだが,充電クレードルがなんだか心許ない.差し込んでも充電されないことがしばしば.端子を磨いたりしているのだが改善されない.とうとう充電できなくなって,もう1台MX900を買ってクレードルを新調した.それでも,だんだん充電が厳しくなってくるのはなぜなのか.最初に買ったMX900は満充電して4時間くらいしか電池が持たなくなった.2台めのMX900に到っては1時間で電池切れになる.1日の中で,2台を交互に使っている有様だ.こんな困ったちゃんのMX900だが,新しいマウスに乗り換える気はない.よほど私に合っているのだろう.

MX900の先代のMX700も愛用していたんだが,これはWindows 7でサポートされなくなってしまった.ハードウェア的にはMX900と全く同一のはずなのに,ボタンの設定ができない.残念だ.Windows XPなら現役で使えるのだが.

VAIO VGN-UX50 にWindows7を入れる その2

VGN-UX50にWindows7が入ったのでご機嫌だったんだが,使っていると困った点もいくつか出てきた.

  1. ポインティングデバイスを軽く押しただけでマウスの右クリックになってしまう.これはとても使いにくい.仕方ないのでBluetoothマウスで操作しているが,UX50単体で使うときは致命的な欠点となる.
  2. ディスプレイのタッチパネルのキャリブレーションができない.スタイラスペンで触れた位置と表示されるカーソル位置がずれる.
  3. 内蔵カメラは前後とも使えない.

これではWindows XPは消せそうにない.デュアルブートのまま使い続けることにしよう.

有線マウスは軽くて意外と快適だった

私はマンマシンインタフェースフリークだ.Thinkpadにトラックポイントが付く前から,自分のキーボードにアルミ棒を立てて,それに歪ゲージを貼り付けて,自作のポインティングスティックを付けていた.当時流行っていた映画から,そのデバイスは「フォーススティック」と名付けた.「フォースを使え」という訳だ.
今はケンジントンの機械式トラックボールと,ロジテック(ロジクール)のタッチパッドとマウスを愛用している.そのマウスが壊れた.そこで一時的にDELLのPCにおまけで付いてきた有線ホイールマウスを使ってみた.そうしたら,これがなかなか良いのだ.バッテリーが入っていないのでとても軽い.一応光学式なので追従性も分解能も十分ある.1万円もするロジテックのワイヤレスマウスとどちらが良いかと言われたら,悩んでしまうくらい良いのだ.これって値段を付けたら500円ほどのマウスなんだが...いままでのマウス選びはなんだったんだと思わせるくらい良い.
有線マウスが良いと言っても,かつてのベストセラーのマイクロソフトのインテリマウスはボールが重くて(それが良いところでもあったのだが),この500円マウスほどの軽快さはない.
これからはマウスの重量にも注意して選ぼうと思う.ワイヤレスだとバッテリーの重さが効いてくるから,単4電池1本で動くタイプなんかが軽そうだ.とりあえず,軽いワイヤレスマウスが見つかるまでは,この有線500円マウスをメインに使っていこうと思う.