USB充電規格

QC(Quick Charge)は4.0+まである。USB PDというのもある。我が家にはQC2.0、QC3.0、USB PDと普通の5VのUSB充電器がある。QC2.0をQC2.0機に、USB PDをUSB PD対応機に刺すときは何の躊躇もない。そして普通の5V充電にしか対応していないマシンは、どの充電器を使っても5V充電になるからこれも心配はない。問題はQC2.0に対応したマシンをUSB PD充電器につなげたときに何が起こるか。そもそも物理的に刺さらないって?いや、我が家にはUSB CとUSB Aの変換プラグがあって普通のUSB A-Micro Bケーブル経由で刺せるのだ。QC2.0マシン内にUSB PDのプロトコルを会話できるチップが入ってないから、USB PD充電器は相手が5V機だと思って5V2Aで充電するのか。それだとつまらない。QC2.0とUSB PDで流せる電圧と電流が少し似ているからQC2.0的な充電をしてくれるとありがたい。持ち運ぶ充電器が減って良いのだが、やっぱり無理だろうな。

広告

マイフォトストリームは30日間しか保存されない

今月号のMacFanを読んだら、iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームについて書いてあった。iCloudフォトライブラリはiCloudの容量を消費するが、マイフォトストームは消費しないとあった。マイフォトストリームすごいじゃないか。これならiCloudフォトライブラリは要らないなと勝手に感心していたのだが、そんなにうまい話があるわけはなかった。マイフォトストリームは保存期間が30日間だと後で知った。これでは写真の保存には使えない。iCloudフォトライブラリを使うしかないようだ。

OCN Mobile ONEを契約した

カシモの縛り期間はまだ半年あるのだが、OCN Mobile ONEを契約した。OCNだけがもつプラン「日毎に高速通信分がリセットされる」が圧倒的に使いやすいので、他社の追従を許さない優位性がある。カシモをはじめ、OCN以外のMVNOでは高速通信分をまず使ってしまう(高速通信をON/OFFできて使用を制御できるMVNOも一部にはある)。月初めに高速通信分3GBがあったとする。Androidスマートフォンは裏で知らないうちに通信をしているので、月初めから高速通信分をどんどん消費してしまう。毎月10日頃になると高速通信分3GBを使い切って、それ以降は月末まで200kbpsの低速通信しかできなくなる。これでは月半ば以降は使い物にならない。それに対してOCNは毎日110MBが高速通信になる。110MBを超えた分は200kbpsの低速通信になる。これなら月末まで高速通信の恩恵を受けることができる。ナイスアイディアだ。高速通信をON/OFFできるアプリも用意されていて、メールやSNSなど低速通信で十分なときに高速通信量を消費しないように制御することもできる。OCNの中の人はすばらしく賢い。とてもNTTだとは思えないよ。

ポケモンGOからIngressへ

ジョン・ハンケの「世界をめぐる冒険」の副題みたいだが,そうではない.この3月にポケモンGOがiOS10で動かなくなった.ログイン時にOSチェックをしてはねるようになった.私はiOS10までしかアップデートできないiPhone5でプレイしていたので遊べなくなった.この機会にiPhoneSEかiPhone8あたりに機種変更することも考えたが,ポケモンGO以外はiPhone5で全然問題ないし,iPhone5用の予備バッテリーは2個在庫があるし,iPhone5用のケース型モバイルバッテリーは4個在庫があるしで,iPhone5を捨てるのはもったいない.ここはiPhone5を使い続けることにした.ポケモンGOの代わりに,同じNiantic社のIngressで遊ぶことにした.Ingressの方がポケモンGOより早く世に出ている.ポケモンGOと同じくGoogle mapの技術を使ったゲームだ.とにかく歩かなければゲームが進まないのもポケモンGOと同じ.ポータルと呼ばれる重要地点はポケモンGOのジムやポケストップに対応する.ふたつのゲームで重複していることも多い.昨日から始めて,今日やっとレベル2になった.ポケモンGOよりは頭を使いそうだ.このゲームがずっとiOS10をサポートしてくれると良いのだけれど.

0SIM(ニューロモバイル)がつぶれない謎

MVNOには未来はないと以前書いたが、MVNOの中でも特に評判が悪いのが楽天モバイルと0SIM(ニューロモバイル)。楽天モバイルは母体が大きいのでつぶれなさそうだが、ニューロモバイルは儲かっているとは思えないのになかなか廃業しない。MNOから回線を借りるのはタダではないのに、いったいどうやって事業継続の資金を捻出しているのか。謎だ。もし、ここから会社が立ち直ったら(そんなことは万に一つもないと思うが)、その経営手法はぜひ参考にしたい。

楽しいmyThings

偶然myThingsというスマホアプリを見つけた。「自宅付近に雨が降りそうになったら家族のLINEに知らせる」とか「ヤフオクに条件にあるものが出品されたら通知する」とかプログラムできる。私は「1時間以内に雨が降りそうになったらhueを青色に光らせる」を使った。やっとhueが役に立ちそうだ。雨が降るエリアとか、雨の量(1mm単位)とか、光らせるhueのランプの選択とか細かく設定できる。なかなか本格的だ。使ってみると確かに動作する。素晴らしいと最初に雨が降ったときは思ったのだが。

問題があった。雨が降っているときはずっとhueが青色になるのだ。雨が降り続いていれば確かに1時間後も降っているだろうから、プログラム的には正しく動いている。しかし、もう雨のことは分かったから、hueを照明として別の色に光らせたいと思っても、いつのまにか青色に変わっている。これでは雨専用のhueランプを用意しないといけない。うーむ、また残念な結果になってしまった。hueが本当に役立つ日はいつ来るのだろうか。

エキサイトモバイルを契約

カシモの後継MVNOとしてエキサイトモバイルを狙っていた。キャンペーンで安くなるのを待っていて、そのまま忘れていた。今日思い出してエキサイトモバイルのページに行くと、ちょうど7000円キャッシュバックキャンペーンをやっていた。1月9日まで。そこで従量プランである「最適料金プラン」を申し込んだ。カシモは縛りが解けたら解約だ。今までありがとう。しかし、ちょっと高かったね。