相場は人気七分に材料三分

意味もなく下げていた日本株が昨日から、また意味もなく上げ始めた。まったく材料などない。というかダウは下げているし、円高は続いているので、材料的にはマイナス材料だけだ。そうは言っても理由はある。売り仕掛けをしていた外人が買い戻しを始めたのだ。今年の2月ころから日本株の一部の銘柄が意味もなく下げ始めた。業績は良いのにも関わらずだ。私は「ああ、また外人が売っている」と嘆いていた。日本株を買っている日本人投資家が多いのを見た悪どい外人が信用で売って、日本人投資家の投げを誘発しようとしたのだ。こんな非常識な戦法が使えるのも、日本株式への投資額の6割から7割が外人のものだからだ。その悪どい外人が、株価が十分下げたのを見て、昨日から買い戻しを始めた。売り仕掛けは買い戻しをしなければ利益にはならないので、いつかは買わねばならない。それが昨日だったのだ。

私が1000兆円ほど持っていれば、外人が売ってもその株を買い支えて、くそ外人どもを一網打尽にできるのだが、そんなお金はどこにもない。まったく残念なことこの上ない。くそ外人の腐った戦法から逃れる手法はないこともない。消極的な手法しかとれないが。

  1. 業績が良い企業なら、外人が売って下げても我慢して持ち続ける。信用で買っているならそれができるくらいの余力を用意しておく。
  2. 外人が知らない(知っていても規模が小さくて売り仕掛けをしてもうまみのない)優良企業の株を持つ。例えば名証にしか上場していないマルサンアイとか。
広告