新しい機械を注文すると古い機械の機嫌が悪くなる

3月に義父にプレゼントしたiPadの使い方を電話で教えている。手元のiPadを見ながら教えているのだが、こちらで表示されているメニューが向こうでは表示されていなかたったりして、どうにも教えずらい。こちらのiPadは第二世代でiOSは9まで。向こうのiPadは最新型でiOSは11だ。微妙に作りが違うらしい。教えに行こうかとも思ったが、その旅費でiPadがもう一台買えるので、ここは新型iPadを調達することにした。ちょうど先週にPencil対応型の新型iPadが値段据え置きで発表された。それを注文した。贅沢だが1万円のPencilも注文した。今日になって手元のiPadがハングアップした。こんなことは初めてだ。電源をOFFにすることもできない。以前、どこかで聞いたホームボタンと電源ボタンを同時に押すと再起動できるというのを思い出してやってみたら、再起動して復活した。やれやれ。やっぱあれだな。新しいのを注文したからすねたな。こんなことはこれまでも良く起きていた。特に車やバイクで良く起こる。不思議だなあ。

広告