謎の目眩、動悸、頭痛

朝から慣れない画像処理のプログラミングに集中していた。オリジナル処理アルゴリズムなのでOpenCVは入出力にしか使えない。OpenCVのmat形式は画素アクセスが非効率的で困ってしまう。17時頃、頭がぼうっとしてきた。目眩がする。動悸が激しくなった。頭痛がする。起きていられなくなくて、ソファーに倒れ込んだ。まったく動けない。目眩はするが頭が働かない訳ではない。同僚に救急車を呼んでもらおうかと思ったが、病院から出てきたら、荷物を取りに会社に戻らなければならないのが結構面倒だ。命にかかわる状況ではなさそうだと勝手に判断してソファーに倒れ込んだまま1時間半安静にしていた。眠れはしなかった。1時間半後、立てるようになった。しかしフラフラだ。有効かどうかわからないが、会社にある栄養になりそうなもの、野菜ジュース、カロリーメイト、アーモンドを胃に詰め込んだ。30分くらいしたらなんとか歩けるようになった。そのまま退社した。一体何だったんだ。ネットで調べると、目眩と吐き気は自律神経失調症らしい。ストレスが原因だ。慣れないプログラミングがストレスになったのだろう。仕様を書いて専門のプログラマに仕事を任せたほうが良かったか。でも仕様を書く時間があったらプログラムが完成しそうなので、なかなかそういうふうにしようと思わないんだよ。

しかし,ほぼ健康体だと思っていたのに突然あんなことになったということは,身体に何か問題があるのかもしれない.病院に行って検査してもらった.血液を採って検査だ.結果が出るのは一週間後.

広告

CHORDというオーディオ機器メーカー

CHORDは英国の異色オーディオ機器メーカーだ。ノイズ的に不利と言われているスイッチング電源を敢えて使い、それをギリギリまでシェイプアップしてシリーズ電源より品質を上げている。できあいのDACチップは使わず、XilinxのFPGA Artix 7を使った超多タップのFIRフィルタと独自1bit DACでDA変換している。アナログレコードを使って、広帯域アナログアンプを通して、スピーカーを鳴らすのがアナログハイレゾ(正確にはハイレゾと呼ぶべきではないが)の頂点なら、CHORDの製品はデジタルハイレゾの頂点とも言える。値段も超弩級。それでもテクニクスのターンテーブルSL-1000Rよりは1桁安い。CHORDの製品をそのうち買ってみたい。スピーカーで鳴らすと近所迷惑だから、ヘッドホンで聴くことになるけど。