ラズパイ3で作ったイメージはラズパイZEROで使える

ラズパイZERO(Wが付いてない方)のセットアップをするとき、ネットワーク入出力が付いてないのでファイルのコピーとかソフトのアップデートとかいろいろ面倒だ。そこで、ネットワーク入出力が付いているラズパイ3でセットアップするのが簡単で良い。ラズパイ3のSDメモリ―カードは、そのままラズパイZEROに刺せば動く。ラズパイ3のARMは64bitでラズパイZEROのARMは32bitなので、普通なら動かなさそうだが、raspbianは32bit OSなので大丈夫だ。将来、raspbianがアップデートされて64bit対応になってしまったらこの技は使えなくなる。

広告

ラズパイZEROにUSBハブを付けたら消費電力が2.5W増加

ラズパイZERO(V1.3)をいじっていて、USBキーボードをつなげるために、4ポートのUSBハブをつなげた。すると電流が0.5A増えた。まだキーボードはつなげていない。USBハブだけで0.5A(=2.5W)消費するのだ。USB2.0の供給可能電流は0.5Aと定められている。このハブはつなげるだけで、上限まで電力を消費してしまう。これではセルフパワーのUSB製品しかつなげられない。不良品だな。新しいハブを買ったら捨ててしまおう。