舘山寺温泉オルゴールミュージーアム

舘山寺温泉では観光もした.パルパル遊園地の隣からロープウェイに乗った.浜名湖を渡るロープウェイからの眺めはとても良かった.

ロープウェイを降りたところにオルゴールミュージーアムがある.入館する前は,手のひらに乗るようなきれいなオルゴールがたくさん並べてあるのかなくらいに思っていたが,全然違った.どれも大きい.ドレッサーくらいの大きさが標準で,タンスくらいのもの,2トントラックくらいのものまであった.2トントラックサイズのものはパイプオルガンが内蔵されていて,びっくりする大音量で音楽を奏でる.これは移動式でイベント会場などで鳴らす目的で作られた.電気があるときは電動ポンプで空気を送り,電気のない場所では男性4人でハンドルを回して空気を送るのだそうだ.

感動したのは1910年台の自動演奏ピアノ.紙テープに鍵盤の動きが記録されていて,それに従ってハンマーがピアノの弦を叩く.音はピアノそのものから出るので正真正銘の原音再生だ.この紙テープは究極のハイレゾ音源と言えよう.紙テープは録音専用のピアノで作成する.演奏者が鍵盤を叩くシーケンスがそのまま紙テープに記録される.今回聴いたのはラフマニノフの演奏だった.亡くなったピアニストの演奏が生で聴けるなんて素晴らしい技術だ.それに100年以上前の機械を動く状態で保存しているなんて大したものだと思う.きっと優秀なエンジニアがメンテしているのだろう.

広告

ローム、世界初の高音質オーディオ用電源IC開発

日本の会社であるロームが,高音質オーディオ用電源ICを開発した.こんなデバイスが欲しいと思っていた.世界に先駆けて,ロームがそれを実現してくれた.喜ばしい.従来電源との聞き比べでは,音質が改善されたとのことだが,本当だろう.これが1個2000円なら安い.大して材料代がかかってはいないのに,原価の何千倍もの値段で売られている電源ケーブルなどに比べれば,はるかにお買い得だ.きっとロングセラーの部品となって,末永く使われるだろう.