リチウムイオン電池過放電からの復活

思い出してバックアップのXperia SO-01Bを2台取り出した.2台とも半年くらい放置していた.リチウムイオン充電池のメンテのためにたまには充電しないといけない.半年は間が開きすぎたと思いつつ,充電を始めた.純正電池が入っている1台は問題なく充電できた.しかし,大容量型(3500mAh)互換電池が入っている1台は赤ランプが点くだけで充電できない.しまった,過放電してしまったか.もっとこまめに充電すべきだったと後悔したが,あきらめきれずにいろんな充電器で試してみた.純正充電器に比べて大電流を流せる充電器で充電してみたが状態は変わらず.それを数回繰り返していたら,赤ランプがたまに黄ランプに変わるときがあった.なんとかなるかなとしばらく充電器につなぎっぱなしにしてみた.電池がかなり熱くなる.これはまずいかなと思ったが放置した.すると2時間くらい経って黄ランプが常時点灯になった.SO-01Bの電源を入れてみると充電30%と表示される.もしかして復活したかなと思ってそのまま放置すると充電100%になった.充電100%になったときは電池の発熱も治まっていた.充電器を外して使い始めたら,すぐに残量ゼロになることもなく普通の時間使えた.ありがたい.なんとか復活できたようだ.SO-01Bに過放電から復旧させる回路が付いていたのか,それとも何度も充電を試みたのが良かったのかは分からない.次からは月に1度くらいは充電するようにしよう.

広告
この投稿のカテゴリー: Android