ntpデーモンでは時計を合わせ切れない

ntp-4.1.1は無事にコンパイルとインストールが済んで、デーモンとして動かしたのだが、時計は遅れるままだ。logを見ると最初は合わせるのだが、次にデーモンが起動するまでにずれてしまう。デーモンの活性化頻度を上げたいのだが、どうも自動調整みたいでそのような指定はできないようだ。しかたないのでデーモンを止めて、ntpdateをcrontabで動かすことにした。/etc/cron.hourlyの下にntpdateというファイルを作って

#!/bin/bash
/usr/local/bin/ntpdate 210.173.160.87
/sbin/clock -w

とした。これでもcrotabが走る直前には1分以上遅れる。cron.quarterlyというのを作って15分おきに起動させるというのも考えたが、そこまで神経質になることもないかと思い、しなかった。

広告