ntp-4.2.8p10のコンパイルに失敗

Hinote Ultra II CTS5120の時計が1日に20分以上遅れる。これはサーバーとして使い物にならない。以前は時計は正確だったのだが、ACアダプターの出力電圧が1割ほど上がったのが原因だろうか。これは合わせないといけないのでntpをインストールしようとした。ntpなんて簡単なプログラムは一瞬でインストールが終わると思っていた。ところが、やけに容量が大きいソースを展開してconfigureをかけると30分経っても終わらない。1時間以上かかってやっと終わって、makeをかけると途中でエラーで止まる。ntpくらいでなんで?と思ったが、ちょっと考えて理由が分かった。このntpプログラムはパブリック空間に立てるntpサーバー用なのだ。何千何万というPCから時計合わせの要求が来るし、悪者はクラックしようとアクセスしてくるかもしれない。それらに耐えるサーバープログラムなのだから、大きくて複雑なのは当然だ。でも、私が欲しいのはntpクライアントだけなのだ。そこでntpのサイトからダウンロードできる中で一番古いntp-4.1.1を拾ってきた。configureは全てのオプションをdisableした

./configure –disable-FEATURE –without-PACKAGE

で実行した。今度はすぐ終わった。makeを走らせたら今度はどんどん進んでいる。これならうまく行きそうだ。

広告