ラズパイZeroは安くない

サーバーをlibretto20で動かしているが,CPUクロック75MHz,メモリ20MBで消費電力10Wだ.これなら消費電力が1WのラズパイZeroの方が良いかなと思う.CPUクロックは1GHz,メモリは512MBだ.libretto20に比べると夢のような性能だ.値段も5ドルで安い.

ところが,ラズパイZeroを動かそうとすると周辺機器をいろいろ買わなくてはならず,トータルではラズパイ3並に高くつくことが分かった.小さいがゆえにコネクタが全部ミニサイズなのがコストがかさむ原因だ.信号用USB端子はmicro USBのものがひとつしかない.インストールのときにはキーボードとマウスを,サーバーとして使用するときはUSB NICをつなげなくてはならない.このためmicro USBをUSBに変換するアダプタとUSBハブが要る.アダプタは安物で300円でメーカー品は1000円.ハブは1000円.USB-NICが1500円.HDMI端子はミニなのでこれもアダプタが要る.これが800円.電源の入力端子もmicro USBで,これも専用ACアダプタが要るところだが,消費電力が小さいのでスマホのACアダプタが余っていればそれで代替できる.なのでこれは0円.

結局周辺機器で3600円~4300円の投資をしなければならず,最初から全部付いている5000円のラズベリーパイ3を買うのと大して変わらない.ラズパイZeroのメリットが出るとすれば,Zeroくらい小さくなければ設置できない場所におくとか,複数台そろえなければならないときくらいだ.複数台で運用するならインストールのときだけ必要なUSBハブは1台だけで済む.それでもハブは1000円なのであまり節約とは言えない.

広告

Hinoteの方がlibrettoより速い

Hinoteが復活したので各種プログラムをコンパイルして環境を整えているのだが,なんだか速いのだ.同じCPUを積んでいるlibretto70より速い.libretto70が古いHDDを積んでいるからか.正確にはHinote Ultara II CTS5120のCPUは素のPentium 120MHzで,libretto70のCPUはPentium MMX 120MHzなので,実はlibretto70の方が上等なCPUを積んでいる.なのにlibretto70は遅い.回路設計の差か.

回路設計で性能が逆転した事例として,Compaqの486DX4 100MHzのマシンと,富士通のFMV-5100 Pentium 100MHzのマシンがある.Compaqの方が遅そうだが,実際はCompaqの方が速かった.mp3をソフトウェアデコードして再生すると,Compaqは音が途切れることなく再生できたが,FMVでは音が途切れ途切れになった.回路設計の差だ.面白かったのはCompaqはメモリスロットが4スロットあったが,全部メモリを刺さないとときどきフリーズした.スロットに空きがあると,余計な反射波が発生してメモリアクセスがエラーになったのだろうと思う.それくらいカリカリに追い込んだ回路設計だったのだろう.

Pentium3でdebian 9は動くのか

Thinkpad R31にdebianをインストールしたいのだが,最新版のstretchが動くのか,一つ前のJessieじゃないといけないのか分からないので調べた.debianのサイトには以下の記述がある.

Nearly all x86-based (IA-32) processors still in use in personal computers are supported. This also includes 32-bit AMD and VIA (former Cyrix) processors, and processors like the Athlon XP and Intel P4 Xeon.

However, Debian GNU/Linux stretch will not run on 586 (Pentium) or earlier processors.

[Note] Note
If your system has a 64-bit processor from the AMD64 or Intel 64 families, you will probably want to use the installer for the amd64 architecture instead of the installer for the (32-bit) i386 architecture.

どうやらThinkpad R31に搭載されているPentium3は大丈夫そうだ.AMDとVIAも大丈夫とのことだから,K5/K6やC6/C6-2も大丈夫なのか.しかし,Pentiumはダメと書いてある.そうすると互換であるK5/K6,C6/C6-2はダメっぽいが.

我が家にあるオールドマシンにインストールできるdebianのバージョンは

 486                  Wheesy
 Pentium/PentiumMMX/K6/C6-2/PowerPC Jessie
 Pentium3/PentiumM           stretch

が正しいのだろうな.他のディストリビューションは32bit CPUをどんどん切り捨てているのに,未だにサポートしてくれるdebianはありがたい存在だ.

ダンベル付き腹筋運動好調

8月3日に6kgから始めた,ダンベルを持ってする腹筋運動は,今では14kgのダンベルになった.これでも軽いので新年は16kgにしようと思う.腹筋運動を始めとする筋トレは,努力しないで結果が出るので楽しい.スキルもいらない.努力もスキルも要らない運動には,他にウォーキングがあるが,ウォーキングは広く認知されているのに対し,筋トレはあまり知られていない.もっと,特に老人に筋トレが広まるといい.健康年齢が上がるに違いない.

ipv6になって

OCN光が無料でipv6対応になったので,PCのipv6をイネーブルした.家の中のLANは100Mbpsな上,WANもVDSLで速くないので,速度の恩恵はあまり感じない.googleにアクセスすると,アクセス元IPがxxxx:xxxx:….というようなipv6アドレスで表示される.さすがgoogle,ipv6への対応が完全だ.しかし,ipv6のIPアドレスは長すぎて覚えられない.digで引こうと思ってもカット&ペーストを使わないと出来ない.ちょっと面倒.

ipv6ではネットワーク設定のルールもたぶん変わったのだろうな(勉強してないので分からない). IoTの機器にはipv6は有用だと思うが,人間が使うPCのアドレスはipv4の方が見通しがいい感じがする.アフリカとかインドとか中国は人口が多いのでipv6が良いのかもしれないが,日本はこれから人口が減っていくのでPCへのアドレスはipv4で十分足りるんじゃないか.それもあって私が生きている内はipv4は消えないような気がする.

カテゴリー:blog