やっぱり自動運転車が人間の運転する車にぶつけられた

ラスベガスで止まっていた自動運転車が運転手の乗ったトレーラーにぶつけられた.自動運転車がどんなに安全に運行しようとしても,人間のドライバーのバカな行動には対応できない.それなのに,件の記事では自動運転車がよけなかったのが悪いと書かれている.ひどいな.自動運転車は悪くないだろ.人間同士だったらぶつけた方が悪いとなるだろ.でもこうなるのは予想できた.悪くなくても自動運転車のせいにされるのだ.この分では自動運転が許可されるのはずっと先だな.

昔のSFにこんな話があった.100人が乗った旅客機と1人が乗った飛行機が衝突コースに乗った.衝突は不可避だ.どちらもロボットが操縦していた場合,ロボットはどんな行動をとるべきかという話.1人が乗った飛行機を自爆あるいは墜落させて100人を救うのが正しいのか.いやいや簡単に結論を出せる問題じゃない.自動運転のAIはそんなことまで考えなきゃいけないのだ.人間より大変だよ.

広告

facebookの四半期売り上げが1兆円超え

利益は5000億円.facebookに広告出すのに金を出すスポンサーが1兆円分いるってことだ.3ヶ月で1兆円.スポンサーって情弱だ.広告出したら自分とこの製品が売れると思っているんだから.それを言うなら日本の民放のテレビ局の売り上げが1年間で2兆円.これも広告出したら自分とこの製品が売れると思っているスポンサーのおかげでNHKみたいに受信料を取らずにやっていけてる.テレビには広告費を回収できるほどの効果はないと思うが,正確な効果が知れたら困る人が何万人もいるから,正確な効果は秘密情報だ.そうXファイルだ.チャカチャチャンチャチャンチャチャンチャンチャンというやつ(私は音痴なのでこのフレーズは信用しないように).

逆に費用はタダ同然なのに驚くほどの広告効果があるメディアもある.価格.comとかアマゾンのレビューとか@コスメとか食べログとか.こんなメディアを使いこなしている企業は賢いのだろうな.

パンクしない自転車用タイヤ

ブリジストンが作ってくれた.すばらしい,使いたい.ところで,なぜタイヤはパンクするのだろうと考えた.空気が入っているからだ.空気は必要なの?馬車とか牛車とかの車輪は木で出来ていて空気は要らなかった.ということは,今回の製品は元に戻っただけ?

空気を入れたのは,空気を構造の一部にした方が軽いからなんだろうな.

考えるカラス

NHK教育で「考えるカラス」というミニ番組をやっていた.深いガラス瓶に水が入っていてエサが浮いていた.カラスはくちばしを瓶に突っ込むが,瓶が深くてエサに届かない.考えたカラスは小石を運んできて瓶の中に落とし始めた.だんだん水面が上がってきた.小石を5個くらい落としたとき,くちばしがエサに届いてカラスはエサを得ることができた.利口じゃないか.カラスは人間の4歳児くらいの知能があると言われているが,今回の瓶の件では6歳児以上の知能があるように思えた.6500万年前に隕石が落ちなかったら地球は恐竜帝国になっていただろうなあ.恐竜の子孫の鳥がこんなに利口なんだから.

最近の研究によると6500万年前の隕石がユカタン半島でなく,もっと他の場所に落ちていたら恐竜は絶滅しなかったとか.ユカタン半島は地球表面でたまたまスス(有機物)が集中していた土地で,そのような土地は地球表面全体の13%しかなかった.残りの87%の土地に隕石が落ちていたら,ススが地球の空を覆い隠すことはなく,恐竜を滅ぼした寒冷化は起こらなかったそうだ.恐竜は運がなかったねえ.

あやうく踏むところだったよ

床にマッチの頭ほどのサイズのクモがいた.あぶないあぶない,踏むところだった.ぴょんぴょんと3cmずつくらいはねて進む.その様子はかわいい.早く大きくなって,私が大嫌いなあの虫を退治してくれよと思うが,この種類のクモは大人になってもあの虫に勝てるほど大きくはならないだろうな.せめてダニとかをやっつけてくれるとありがたい.