キャノンMP270のプリンタヘッドが詰まった

滅多に印刷しないので、プリンタヘッドは良く詰まる。そんなことがないように月に一回くらい印刷するよう心掛けているのだが、ここ3か月くらい印刷しなかったのでやはり詰まった。詰まったのはこれで5回目くらいかな。最初はプリンタヘッドがインクタンクと独立のプリンタを使っていたので、プリンタヘッドの詰まりを修理するのに新品のプリンタが買えるくらいの費用がかかっていた。そこで、インクタンクとプリンタヘッドが一体のプリンタMP270に買い替えた。これならプリンタヘッドが詰まっても消耗品なので気軽に交換できる。と、思っていたがその消耗品が高い。黒色インクのBC-310も、3色インクのBC-311も3000円する。両方替えたら新品のプリンタを買うのと同じ費用がかかる。仕方ないので、エレコムのインク補充キットを使っている。この手のインク補充キットはインクが純正品より品質が悪いので、プリンタヘッドが詰まりやすくなる。なので、プリンタヘッドが単体の機種に使うのは危険だが、一体型なら詰まってもあきらめがつく。これで1年以上持てば納得してプリンタヘッドを捨てられる。今日詰まったのは3色インクのイエローだけだったのだが、強力クリーニングをしても復活せず、あきらめてプリンタヘッドを交換した。

広告