VAIO付属のスピーカーニコイチでよみがえる

BGMを聞くのにパナソニックのアクティブスピーカーを使っていた.小さいけれど音が良かった.入力端子も2個あって使い勝手が良かった.20年くらい使ったのだが,壊れてしまった.中のアンプが壊れたのだ.夏は室温が40度を超える部屋の天井付近に置いていたのが良くなかった.天井付近は気温が50度を超えていただろう.そんな状態で使っていたので,アンプの半導体が劣化して壊れてしまったのだ.代わりを入手する必要があったのだが,買う必要はなかった.使い道のなかったVAIOの付属スピーカーがあったからだ.使い道がなぜないかって?SONYの悪いくせが出たからだ.VAIO全盛のときだ.TVパソコンとして絶大な人気を誇っていたVAIO RXシリーズがあった.付属のスピーカーはさすがSONYという音質でTVだけでなく音楽を聴くのにも十分使えた.RXシリーズのスピーカーはごく普通の作りで,音声入力は3.5mmミニステレオプラグ.電源は普通のACアダプターだった.VAIOが壊れても,次のパソコンに流用できた.まあ,普通そうだろう.ところが,RXシリーズの後継機のRZシリーズからSONYの悪癖が出た.スピーカーの流用を出来ない作りにしてしまったのだ.VAIO以外にはつながらないようにした.電源をACアダプターではなくVAIO本体の特殊な端子から取るようにしたのだ.VAIO本体が壊れると,電源の供給ができないのでスピーカーは他の用途に使えなくなる.この付属スピーカーをVAIOが壊れた後,捨てずに保存しておいた.結構音が良いので捨てるのはもったいないと思ったからだ.パナソニックの壊れたスピーカーに付属していたACアダプターを良く見ると,なんだかVAIOのスピーカーに刺さりそうだった.12Vと書いてあった.VAIOのスピーカーにも12Vと書いてある.これはと思って刺したらぴったりだった.パナソニックのACアダプターとVAIOのスピーカーで使えるアクティブスピーカーになった.音はなかなか良い.これはめでたい.

広告

トラ技7月号

トランジスタ技術の7月号はラズベリーパイを実用に使うための信頼性アップについて解説してある.まさにこんな記事を待っていた.ラズベリーパイはちょっと動かすのは良いのだけれど,24時間稼働させるには不安があった.記事ではヒートシンクを付けたり,産業用SDカードを使ったりして,信頼性をアップさせている.これならサーバーとして使えそうだ.しかし,これだけいろいろ工面すると,総コストは1万円を超えてしまう.ゴミとして捨てられているノートパソコンや,3000円くらいで売られている中古ノートパソコンを使った方がコストは安いかもしれない.消費電力ではラズベリーパイに負けるが,インストールの手間はノートパソコンの方がかからない.やはりラズベリーパイは外付け回路を付けて,回路遊びをする用途の方が良いみたいだ.

小池百合子って真のバカか?

豊洲問題に関して何も勉強せずに,思いつきのでたらめを次から次へと繰り出している.都税の無駄遣いも甚だしい.私は過去も未来も小池百合子に投票することはなかったし,これからもないが,なんとか引きずり降ろさねば都政は大変なことになる.他の都民の教育が重要だろう.小池百合子のバカさ加減を分かりやすく知らしめなければならない.都民もけっこうバカばっかりだからね.ああ,民主主義ってくだらない制度だと思うよ.賢人委員会とかできないのかな.本当の賢人でね.こんなことを言うと「賢人ってどうやって決めるんだよ」と騒ぐバカがいるが,そういうことを騒ぐのはもちろん賢人ではない.世の中には神にも匹敵する賢人が少ないがいるんだよ.そしてそれを見極める能力を持っている人も少ないがいる.彼らを表に出さないといけないんだが,彼らは出たがりではないのが課題なのだ.