市販のRAID NASは保守性に問題あり

BUFFALOのNASをバックアップに使っている.HDDを4台積んであって,RAID5を組んである.HDDのうち1台が壊れて,ピーピーとエラー音を出すようになった.RAID5なのでデータを失ってはいない.壊れたHDDを取り替えれば元に戻るはずなんだが,交換用HDDは生産終了になっていた.この手のNASってHDDにメーカー独自の特殊なデータを書き込んであるので,その辺りで売っている新品のHDDを交換用HDDにできないのだ.ああ困った.NASごと買い換えることになりそうだ.こんなことならRAID5じゃなくてRAID1でも良かったね.RAID1の方がNASとしては安いから次からはRAID1にしよう.アクティブリペアドライブを用意したRAID6というのもあるが,HDD4台ではあまりメリットがない.

広告