シェービングフォーム

今日は酔狂でマツモトキヨシでシェービングフォームを買い求めた.これまでは身体を洗うビオレuでひげを剃っていた.シェービングフォームはスプレー缶で,ノズルの上を押すと泡がもくもくと出てきて,その泡をひげに塗りつけてからひげを剃る.シェービングフォームを使って剃ると,ひげそりのグレードが何段階も上がったかのように滑らかにひげが剃れる.しかも,肌への負担がない.これはすごい.なぜこれまで使わなかったのかと後悔した.このメカニズムは何だろうと考えてみたら,あれじゃないか.旋盤使うときの切削油と同じじゃないか.そうかシェービングフォームは潤滑工学の産物だったか.潤滑なんてマイナーで,研究室決めるときにじゃんけんに負けた学生が研究するテーマだったが,今になって思えばエンジン研究なんかより身近でみんなの役に立つテーマじゃないか.

うちの教授陣が学生の研究テーマを決めるのにじゃんけんを使っているのを聞いて「なんと不公平な!」とか憤る人もいるかもしれないが,全然不公平じゃない.実務経験のない22歳の若造に,将来どんな研究テーマが役立つか,自分に向いているかなんか,判断できるはずもない.じゃんけんでランダムに選んだ(選ばれた)方が結局のところ,うまい選択ができるのじゃないか.オヤジ(教授)たちにしてはなかなか考えた方策だと思う.私は下手にじゃんけんが強かったものだから,人気の研究室を選べたが,今となってはそれがベストだったかと言えば,全然ベストじゃなかったよ.

広告