i7 3770Sは第3世代のi7

もらってきたPCにi7が使われていた.型番を調べると3770Sだった.wikipediaで調べるとこれは第3世代のi7でコードネームはIvy Bridgeだった.i7はもう第7世代まであるそうだ.Pentium3-Sで自作(組み立てパソコンの意味)が止まっていた私はi7が7世代も存在するなんて知らなかった.i7用のソケットもプロセッサが置いてない状態のものを見たことはない.3770SはTDP65Wと省電力タイプだ.通常クロックは3.1GHzだが,ターボブースト時には3.9GHzまで上がる.この3.9GHzは省電力でないCPUも含めてIvy Bridge系では最大だ.つまり3770Sはかなり高性能なCPUということになる.プロセスは22nm.第7世代でも14nmだから,かなり微細化が進んでいる.

メルカリで買ったDDR3-1600メモリを刺してメモリを8GBにした.問題なく認識した.内蔵グラフィックスはHD Graphics 4000で,display portの出力もある.面白いのはアナログRGBの出力もある.家にはdisplay portのディスプレイはないので,アナログRGBのディスプレイを繋げた.1600×1200がきれいに映った.さて,この高性能機を何に使おうかな.楽しみだ.

広告