DDoS攻撃

昨晩取り引きしていたら,ヒロセ通商の取り引きシステムがダウンした.1時間ほど取り引きできなかった.後の報告によるとDDoS攻撃だったそうだ.プロが運用している最新システムのサーバーでもDDoS攻撃に対抗できるとは言い難い.またCentOS5では修正されるかどうかわからないlinuxカーネルのバグが見つかった.これもDDoS攻撃に悪用されるかもしれないそうだ.自宅のサーバーはハイスペックのマシンで運用しているが,通信回線が一般の光ファイバーなため,DDoS攻撃には弱い.先週末もずっと通信が続いていて(誰かサーバーの中身を拾っていたのだろう),DDoS攻撃を受けたかのように遅くなっていた.DDoS攻撃はルーターで遮断してくれるのが一番いい.これから起こるDDoS攻撃も遮断できるようなインテリジェントルーターができないかな.10万円でも買うよ.え,値付けが安すぎるって.すいません.

広告
この投稿のカテゴリー: linux