不動産投資業界が末期的症状に

不動産の様子を知るのは株式投資の上で必要だ.また,単に興味本位でいろんな情報も知りたい.なので,通販大家さんと楽待新聞のメルマガを購読している.最近,そのメルマガの内容が悲惨になってきている.投資家が儲かりそうな投資物件が枯渇しているのが,とても良く分かる.もうしばらくすると,素人にも「不動産投資は終わった」と情報が行き渡るのではないか.そうなれば,通販大家さんや楽待新聞だけでなく,もろもろの不動産仲介業者が破綻するだろう.人口が減少している日本で不動産投資が成功するとこれまで思っていたのが脳天気過ぎるのだ.やっと普通に戻るのだろう.

広告